勤怠管理で残業時間を確認する

会社では残業時間など勤怠管理として見直しを行う必要があります。残業時間が多い場合ということは人材が不足しているのか業務が多いのかいずれかとなり改善が必要なのです。



会社としてもいくつか取り組むことができますが、勤務形態を見直す方法があります。

勤務形態というのは就業に合わせた勤務ということで、忙しい時期には多く働くことができるようにして、そうでない時期とメリハリをつけるという方法があります。

そのひとつが変形労働時間制というもので、一年単位の変形労働時間制であれば1年間で週平均40時間以内となればよく、仕事に合わせた勤務シフトを作成することができるようになります。


繁忙期が特定できるならその時期の休日数を少なくするのです。労働できる日数がその期間だけ多くすることができるので、結果的に時間数も多くなるということです。



年間の休日数は決まっているので、忙しい時期の休日数を少なくした分、そうでない時期の休日数を増やして調整をするのです。勤怠管理はこのような勤務形態を見直すことで残業時間がどのように変化したのか確認するためにも必要なものなのです。

他にもフレックスタイム制という勤務形態がありますが、これは各自が日々の勤務の状況に応じて勤務時間を決めるものであり、忙しい日の勤務時間を長くして、そうでない日は早く帰るようにして月の時間数を調整するという方法です。

いずれも勤怠管理によってその状況を確認します。