勤怠管理でわかること

従業員を雇っているような会社や店舗ではいくつか管理しなければならない項目があります。



勤怠管理はその一つなのですが雇っている従業員の勤務形態や雇用形態より勤務の実績を確認できるようにしておきます。


勤怠は出勤日数と休暇の日数が基本になり、それぞれ月ごとに決められている日数があります。

週に1日は休みがあるようにしますが、多くの会社では週休二日制となってきているのです。


出勤日に休んでいるような場合は欠勤となりますが、有給休暇を付与されている場合は有給休暇を使用することができます。



また仕事の都合によって休日を振り替えすることもあり、勤怠管理では出勤した日数と給料にも影響のある有給休暇や欠勤がわかるようになり、休みの振り替えを行なった場合、その振り替え先の日を出勤日にした場合は休日出勤となり、手当を支払う必要があります。
勤怠管理は日数だけでなく時間数も必要です。



年間の勤務時間数についても決まりがあることと、所定の時間を超えているような場合は残業時間となります。


また残業時間については時間数だけではなく時間帯の把握も必要になります。

時間帯によっては深夜早朝時間となるために残業の手当支給額も変わってくるためです。勤怠管理は日数だけでなく、時間数や時間帯の把握が必要になるため、正しく時刻を記録する必要があります。


正しく時刻を記録することで勤怠管理によって残業時間の偏りを確認することができ、改善の手を打つことができるようになります。